ルート配送のやりがい

配送先からの感謝やお礼の言葉がやりがいにつながる

ルート配送の仕事は、配送する商品と配達先が固定されています。配送先の担当者と挨拶や言葉を交わすことも多い仕事です。配送先の担当者と信頼関係を築けるようになれば、「いつもありがとう」と感謝されることも少なくありません。担当者から直接お礼の言葉を言われると、配送の仕事にやりがいを感じられます。感謝の言葉が、次の仕事へのモチベーションにもつながります。ルート配送はコミュニケーション能力が求められるので、人と話すことが好きな人に向いています。初めての人も、笑顔で会話するように心掛ければ配送先と良い関係を築けるようになるでしょう。なお、基本的に自分ひとりで配送するので、上司や同僚など職場の人間関係によるストレスが少ない仕事です。

自分自身の工夫が効率アップにつながる

もうひとつのやりがいは、自分自身のアイディアや工夫次第で配送業務の効率を上げられることです。ルート配送は決められた商品を時間通りに、そして正確に配送する技術が求められます。しかし、交通渋滞に巻き込まれると、時間通りに配送できないケースも起こります。そのため、道路の混雑状況を予測する能力も必要です。ただし、裏道を発見したり、抜け道を探したり、渋滞を回避する方法は自分で考え出せます。自分の工夫によって渋滞を避けられ、時間通りに配送先へ商品を届けられたときは達成感を得ることができます。漫然と運転するのではなく、より効率の良い配送方法を常に考えられる人や、工夫上手な人に向いている仕事といえるでしょう。