ルート配送に向いてない人

ルーチンワークが苦手な人には辛いかも

顧客の顔を覚えて仕事にも慣れてくる頃、人によっては物足りなさを感じてしまうのがルート配送という仕事です。毎日決まった配達先へ出向くことになるルート配送では、同じ作業手順を繰り返すことが日課となってくるからです。単調な作業が性に合わない人には不向きな仕事だと言えるでしょう。

しかし同時にルート配送は、充実感や達成感を得やすい仕事とも言えます。例えば、毎日時間通りに配達を済ませた後は、プライベートの時間をしっかり確保することが可能です。また、渋滞に巻き込まれながら、時間内に配達を終えることができた時は喜びもひとしおです。このように捉え方次第では、決まりきった作業にもプラスの面を見出すことができます。良くも悪くもルーチンワークである点が、ルート配送のメリットであり、デメリットであるとも言えるでしょう。

時には柔軟な対応が求められる仕事

ルート配送は、時間配分が苦手な人には向かない仕事かもしれません。大切な顧客のもとに荷物を届けるルート配送は、時間厳守が重視される仕事です。そのためドライバーには、交通渋滞に備える努力が求められます。あらかじめ渋滞を予測して別ルートを確保する必要があり、予期せず渋滞に巻き込まれた場合は、臨機応変に近道を探す必要が出てくるでしょう。

また、極度にコミュニケーションが苦手な人にもおすすめできない仕事です。配達先と良好な関係を築くため、ある程度のコミュニケーションを取る必要が出てくるからです。しかし、不向きな仕事だからと言って、すぐにルート配送ドライバーへの道を断念することはありません。苦手分野を克服できる成長の場と考えて、ルート配送の求人に応募する道もあるでしょう。

ルート配送の転職を考えている人にとって重要な点の一つとして、何をどれだけ配送するのか?というのがあります。できるだけ簡単に配送できるものの方が負担が少なくて済みます。