ルート配送に向いてる人

運転スキルが問われます

まず大前提なのが安全運転ができる人。ルート配送は運転がメインですので、事故を起こすのはご法度です。スピードを出さず安全運転がきちんとできている人は向いています。荷物はお客様からお預かりした大切なものですので、破損させるのは論外です。安全運転できていればそのようなことはありません。逆に荒い運転する人は荷物を破損させる可能性があります。 そして、ルート配送のトラックは大抵は会社の名前が入っていますので、会社の看板を背負って運転していると考えましょう。ここで荒い運転やマナーの悪い運転をすれば会社のイメージが悪くなります。 つまり、周りへの気配りができていない人や自分勝手の運転をする人はルート配送の仕事には向いていません。

地図が読めるかどうか

ルート配送は、決められたルート通りに運転するのが前提です。たまに新たな取引先が加わればそれに合わせてルートを変更をしなければなりません。そうなれば、ルートを組みなおさなければなりませんので、その都度地図を見てルートを考え直さないといけません。 地図が読めないと仕事に支障をきたしてしまいます。地図が読めれば新たな取引先が何件増えても問題はありません。逆に地図を読めないとどれから先に回ったらいいのかがわからなくなり、仕事に影響を与えてしまうでしょう。 そして、元気よく挨拶ができる人。実はこの項目はルート配送の求人票に必ずと言っていいほど書かれている項目です。挨拶が出来るのは社会人としての常識ではありますが、配達する人にとっては特に重要です。

ルート配送の募集を探す時に運送系の求人情報等をチェックすれば、誰でも簡単に働く場所を選ぶ事ができます。